CQ1-b 多数個の転移性脳腫瘍の治療はどう選択するのか?
 推  奨 1 
全脳照射を行う。(推奨グレードA)
 推  奨 2 
全脳照射にSTIを加えても良い。(推奨グレードC1)
 推  奨 3 
腫瘍の薬物療法感受性によっては薬物療法を行ってもよい。(推奨グレードC1,本章CQ2参照)
 推  奨 4 
機能予後あるいは生命予後の改善が期待される場合には腫瘍摘出術を行ってもよい。(推奨グレードC1)
 解  説 
 定位放射線照射(STI)の普及に伴い,転移性脳腫瘍の臨床研究は,単発もしくは少数個(2~4個)と多数個(5個以上)に分けて行われるようになった。しかしながら,MRI撮像方法(スライス厚,造影剤の使用量)によって,転移個数の判定が異なる場合がある点に注意が必要である。
 転移性脳腫瘍の治療において全脳照射は歴史的に標準治療として確立されたものである。2000年代前半までは,主に全脳照射に腫瘍摘出術やSTIなどの局所照射を加える意義を検証するという観点でランダム化比較試験が行われてきた1—4)(いずれもレベルⅠb)。2006年に日本から4個以下(3 cm以下)で全身状態が良好な症例を対象としたSTI単独治療とSTI+全脳照射の併用治療のランダム化比較試験が報告され,全脳照射を加えなくても生存期間に差は認めないことが証明された5)(レベルⅠb)。一方,STIが行われた場合には,局所の腫瘍制御率や頭蓋内の遠隔部再発が全脳照射を省くことで有意に上昇することも示された。さらに,2011年にはEORTCから,局所治療としてSTIだけではなく完全腫瘍摘出術が行われた症例も加えた3個以下の脳転移を対象とする同様なデザインの研究結果が報告されており,その結果も日本で行われたものと同様であり,局所治療後の全脳照射の追加による生存期間の延長は認められていない6)(レベルⅠb)。
 全脳照射を省くことの患者のQOLや認知機能に与える影響については一定の見解は出されていない。日本とEORTCの研究では,KPSを指標としたQOLを維持する期間には差がなかった5,6)(いずれもレベルⅠb)。認知機能については,4カ月の時点での記銘力が全脳照射群で有意に低下したとする報告と,逆に照射後2年頃までは全脳照射による腫瘍再発予防効果によって認知機能が維持されるとする報告がある7,8)(いずれもレベルⅠb)。これは腫瘍制御率と認知機能温存率の相関性を示した別の報告からも理解される9)(レベルⅠb)。前述のEORTCの研究では,自己記入式QOL調査において,わずかではあるが全脳照射群の方が低下する傾向にあることが示された。ただし,認知機能検査や自己記入式QOL調査は欠測例が多いことから,転移性脳腫瘍の研究のendpointとしては現時点において確立されたものではない点に注意する必要がある。
 これらのことを踏まえ,以下にこれまで論文報告されたランダム化比較試験の結果をもとに各治療法を概説する。なお,以下の研究はいずれも放射線治療の感受性が小細胞肺癌や悪性リンパ腫,胚細胞腫瘍からの脳転移,また小児例が除外された研究である点にも注意されたい。
1.単数あるいは少数(2~4個)の転移性脳腫瘍
(1)全脳照射単独群と腫瘍摘出術+全脳照射群の比較
 単発の転移性脳腫瘍を対象とした全脳照射単独群と腫瘍摘出術+全脳照射群のランダム化比較試験は3つある。
 1990年にPatchellらは,KPS 70以上の48例に対して全脳照射単独群(36 Gy/12分割)と腫瘍摘出術+全脳照射群の比較試験を行った1)(レベルⅠb)。その結果,生存期間中央値は腫瘍摘出術+全脳照射群の40週に対して全脳照射単独群では15週であり,腫瘍摘出術+全脳照射群で有意に生存期間中央値の延長を認めた。また,局所再発割合は全脳照射単独群の52%に対して腫瘍摘出術+全脳照射群では20%と優れており,治療後のKPSも腫瘍摘出術+全脳照射群で優っていた。
 続いて,1993年にVechtらも,WHOスケール2(日中の50%以上離床している)よりも状態の良い63例を対象とする全脳照射単独群と腫瘍摘出術+全脳照射群の試験結果を報告した2)(レベルⅠb)。その結果,生存期間中央値は全脳照射単独群の6カ月に対して腫瘍摘出術+全脳照射群では10カ月であり,腫瘍摘出術+全脳照射群が生存期間で有意に上回っていた。また,原発巣がコントロールされている場合の腫瘍摘出術+全脳照射群の生存期間は12カ月であることから,腫瘍摘出術を加えることの有効性は原発巣がコントロールされている場合にとくに顕著であった。
 これに対して,1996年に米国のMintzらはKPS 50以上の84例を対象とした同様の試験を報告した3)(レベルⅠb)。生存期間中央値は全脳照射単独群6.3カ月,腫瘍摘出術+全脳照射群5.6カ月であり,生存期間の延長は示されなかった。その理由として,対象集団のKPSが低かったこと,原発巣がコントロールされていない患者が多く含まれていたために頭蓋外病変が重要な予後因子であったことが考えられている。
(2)腫瘍摘出術単独群と腫瘍摘出術+全脳照射群の比較
 単発の転移性脳腫瘍を対象とした腫瘍摘出術単独群と腫瘍摘出術+全脳照射群のランダム化比較試験は2つある。
 1998年にPatchellらは腫瘍摘出術単独群と腫瘍摘出術+全脳照射群(50.4 Gy/28分割)を比較した95例の試験結果を報告している10)(レベルⅠb)。全生存期間に有意差は認められなかったが,脳内の局所再発率が腫瘍摘出術+全脳照射群の18%に対して,腫瘍摘出術単独群では70%と有意に多かった。
 また,2011年に報告されたEORTC22952—26001試験では,1~3個の転移性脳腫瘍を有する症例を対象に,STI単独群もしくは腫瘍摘出術単独群に対して,それらに全脳照射を追加した群の比較を行っている6)(レベルⅠb)。全体347例のうち279例(81%)は単発の転移性脳腫瘍であった。その結果,STI単独群もしくは腫瘍摘出術単独群と比較して,全脳照射の追加により術後2年時の局所再発率は59%から27%,新規病変の出現は42%から23%にいずれも有意に減少していた。しかしながら,全脳照射の追加による全生存期間の延長効果は認められなかった。また,試験登録時の転移個数別のサブグループ解析は示されていない。2013年に本試験のhealth—related quality of life(HRQOL)に関する研究結果が報告されており,STI単独群もしくは腫瘍摘出術単独群と比較して,それらに全脳照射を追加した群ではHRQOLの複数の指標で一時的な低下が認められていた11)(レベルⅠb)。
 単施設の後方視的研究ではあるが,Bindalらが3個までの転移性脳腫瘍の全摘出術を受けた患者と,リスク因子を対応させた単発の転移性脳腫瘍の患者をそれぞれ26例抽出して比較した12)(レベルⅢ)。全例で摘出術後に全脳照射(30 Gy/10分割)が行われていた。全症例の46%が悪性黒色腫であった点に注意が必要であるが,生存期間と局所コントロールには有意差がなかった。
(3)全脳照射単独群とSTI+全脳照射併用群の比較
 少数個の転移性脳腫瘍を対象とした全脳照射単独群とSTI+全脳照射併用群のランダム化比較試験は2つある。そのうち1つは患者集積が不良であり結論を得るに至らなかった。
 RTOGによって行われた研究(RTOG9508)では,総登録数331例のうち,186例(56%)が単発性であった。全331例を用いた両治療群間の生存期間に有意差は認めなかったが,単発のみを扱ったサブグループ解析において,生存期間中央値は全脳照射単独群とSTI+全脳照射併用群でそれぞれ4.9カ月,6.5カ月であり,STI+全脳照射併用群で有意に良好であった13)(レベルⅠb)。
(4)STI単独群とSTI+全脳照射併用群の比較
 単発もしくは少数個の転移性脳腫瘍を対象としたSTI単独群とSTI+全脳照射併用群を比較したランダム化比較試験は3つある。
 このうち4個以下の転移性脳腫瘍を対象として日本で行われた研究(JROSG99—1)では,総登録数132例のうち単発の転移性脳腫瘍は68例であったが,単発例のみのサブグループ解析は行われていない5)(レベルⅠb)。全体の生存期間はSTI単独群で8.0カ月,STI+全脳照射併用群で7.5カ月であり有意差は認められなかった。
 前述のEORTC22952—26001試験では,脳腫瘍摘出術もしくはSTIののち,全脳照射と経過観察が比較されている6)(レベルⅠb)。単発の転移性脳腫瘍のみのサブグループ解析は示されていないが,局所治療(脳腫瘍摘出術もしくはSTI)のみの群とそれに全脳照射を加えた群の生存期間中央値はそれぞれ10.7カ月と10.9カ月であり,やはり両群間に有意差を認めなかった。しかし,転移性脳腫瘍が死因となった割合は局所治療のみの群では44%であり,全脳照射併用群の28%よりも有意に高かった。
 一方,MD Anderson Cancer Centerで行われた試験は3個以下の転移性脳腫瘍を対象としており,総登録数58例のうち単発の転移性脳腫瘍は33例であった。しかし,STI+全脳照射併用群で認知機能低下が認められたため途中で中止となっており,単発例のみの解析も行われていない7)(レベルⅠb)。
 また,頭蓋内の腫瘍制御については,3つの試験すべてにおいて,STI(あるいは腫瘍摘出術)を行った局所および頭蓋内遠隔部再発が全脳照射併用群で有意に優れていたと報告されている。これらの結果から厳重なフォローアップが行える場合には,STI単独治療を行ってもよいと結論づけられる。
(5)STI単独群と腫瘍摘出術+全脳照射群の比較
 2008年にMuacevicらが報告したSTI単独群と腫瘍摘出術+全脳照射群のランダム化比較試験は,患者登録が進まず途中で中止となっている14)(レベルⅠb)。STI単独群31例と腫瘍摘出術+全脳照射群33例の解析では,生存期間,中枢神経病変による死亡に差は認められなかった。STIは低侵襲であり治療期間も短いこと,局所制御率も高いことから,遠隔部の再発に対する救済的なSTIの効果についてさらに評価が必要としている。
(6)STI+全脳照射併用群と腫瘍摘出術+全脳照射群の比較
 STI+全脳照射併用群と腫瘍摘出術+全脳照射群のランダム化比較試験については,2011年にRoosらより報告されているが,この試験も患者登録が進まず途中で中止となっている15)(レベルⅠb)。一方,後方視的研究では,STI+全脳照射併用群と腫瘍摘出術+全脳照射群に生存期間の差が認められていない。Radesらは,1~3個の転移性脳腫瘍に対して52例ずつのマッチドペア分析を報告している。その結果,単変量解析ではSTI+全脳照射併用群が1年後の生存割合,頭蓋内および局所の制御割合において腫瘍摘出術+全脳照射群よりも優れていたが,多変量解析では生存割合に有意差は認められなかった16)(レベルⅢ)
 このほかにも,腫瘍摘出術+全脳照射群と腫瘍摘出術+STI群のランダム化比較試験が日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)で進行中である(JCOG0504)。
2.多数個の転移性脳腫瘍
 多発性の転移性脳腫瘍に対する標準治療は歴史的に全脳照射である。放射線治療と対症療法(ステロイド内服)を比較したランダム化比較試験は,1971年のHortonらの報告のみである17)(レベルⅠb)。本試験の結果,対症療法(ステロイド内服)のみの群と全脳照射群の生存期間中央値はそれぞれ10週と14週であった。これ以降,標準治療を全脳照射と据えてさまざまな臨床試験が行われてきた。
 全脳照射のスケジュールが治療成績に及ぼす影響については,複数のランダム化比較試験で検討されてきた。それらのスケジュールには,20 Gy/4~5分割,30 Gy/15分割,30Gy/10分割,40Gy/20分割などが含まれる4,18—21)(いずれもレベルⅠb)。スケジュール間で生存期間の有意差は示されていないが,頭蓋内腫瘍制御は20Gy/4~5分割と40Gy/20分割を比較した2つのランダム化比較試験において40 Gy/20分割が有意に優れていた4,18)(いずれもレベルⅠb)。神経機能障害については,加速過分割54.4Gy/34分割と30Gy/10分割では差はなかったと報告されている22)(レベルⅠb)。
 4または5個以上の転移性脳腫瘍を対象として腫瘍摘出術の意義を検証した研究は報告されておらず,単施設の後方視的研究が数件報告されているのみである。単発・多発の転移性脳腫瘍に対する腫瘍摘出術の効果を後方視的に検討したPaekらの報告では,多発転移か単発転移であるかは手術後の生存期間に有意な影響を与えず,RPAクラスⅠのみが有意な因子であった23)(レベルⅢ)。この研究では,76例が多発の転移性脳腫瘍であったが転移個数は記載されていない。また,Iwadateらの単発・多発の転移性脳腫瘍138例の解析では,全摘・亜全摘以上の症例において単発転移と多発転移の間に生存期間の有意差は認74成人転移性脳腫瘍められなった24)(レベルⅢ)。
 最近,一部の施設では5個以上の多発性の転移性脳腫瘍に対しても,全身状態が良好で転移病巣が小さい場合などでは,全脳照射を行わずにSTIのみが行われている25)(レベルⅢ)。
◆文  献  成人転移性脳腫瘍CQ1-ab構造化抄録一覧をダウンロード(エクセル形式)
1) Patchell RA, Tibbs PA, Walsh JW, et al. A randomized trial of surgery in the treatment of single metastases to the brain. N Engl J Med 1990;322(8):494—500.(レベルⅠb)
2) Vecht CJ, Haaxma—Reiche H, Noordijk EM, et al. Treatment of single brain metastasis:radiotherapy alone or combined with neurosurgery? Ann Neurol. 1993;33(6):583—90.(レベルⅠb)
3) Mintz AH, Kestle J, Rathbone MP, et al. A randomized trial to assess the efficacy of surgery in addi-tion to radiotherapy in patients with a single cerebral metastasis. Cancer. 1996;78(7):1470—6.(レベルⅠb)
4) Davey P, Hoegler D, Ennis M, et al. A phaseⅢ study of accelerated versus conventional hypofraction-ated whole brain irradiation in patients of good performance status with brain metastases not suit-able for surgical excision. Radiother Oncol 2008;88(2):173—6.(レベルⅠb)
5) Aoyama H, Shirato H, Tago M, et al. Stereotactic radiosurgery plus whole—brain radiation therapy vs stereotactic radiosurgery alone for treatment of brain metastases:a randomized controlled trial. JAMA 2006;295(21):2483—91.(レベルⅠb)
6) Kocher M, Soffietti R, Abacioglu U, et al. Adjuvant Whole—brain radiotherapy versus observation after radiosurgery or surgical resection of one to three cerebral metastases:results of the EORTC 22952—26001 study. J Clin Oncol 2911;29(2):134—41.(レベルⅠb)
7) Chang EL, Wefel JS, Hess KR, et al. Neurocognition in patients with brain metastases treated with radiosurgery or radiosurgery plus whole—brain irradiation:a randomised controlled trial. Lancet Oncol 2009;10(11):1037—44.(レベルⅠb)
8) Aoyama H, Tago M, Kato N, et al. Neurocognitive function of patients with brain metastasis who received either whole brain radiotherapy plus stereotactic radiosurgery or radiosurgery alone. Int J Radiat Oncol Biol Phys 2007;68:1388—95.(レベルⅠb)
9) Meyers CA, Smith JA, Bezjak A, et al. Neurocognitive function and progression in patients with brain metastases treated with whole—brain radiation and motexafin gadolinium:results of a randomized phaseⅢ trial. J Clin Oncol. 2004;22(1):157—65.(レベルⅠb)
10) Patchell RA, Tibbs PA, Regine WF, et al. Postoperative radiotherapy in the treatment of single brain metastases to the brain. JAMA 1998;280(17):1485—9.(レベルⅠb)
11) Soffieti R, Kocher M, Abacioglu U, et al. Adjuvant whole—brain radiotherapy versus observation after radiosurgery or surgical resection of one to three cerebral metastases:results of the EORTC 22952—26001 study. J Clin Oncol. 2011;29(2):134—41.(レベルⅠb)
12) Bindal RK, R. Sawaya, Leavens ME, et al. Surgical treatment of multiple brain metastases. J Neuro-surg 1993;79(2):210—6.(レベルⅢ)
13) Andrews DW, Scott CB, Sperduto PW, et al. Whole brain radiation therapy with or without stereo-tactic radiosurgery boost for patients with one to three brain metastases:phaseⅢ results of the RTOG 9508 randomised trial. Lancet. 2004;363(9422):1665—72.(レベルⅠb)
14) Muacevic A, Wowra B, Siefert A, et al. Microsurgery plus whole brain irradiation versus Gamma knife surgery alone for treatment of single metastases to the brain:a randomized controlled multi-center phaseⅢ trial. J Neruooncol 2008;87(3):299—307.(レベルⅠb)
15) Roos DE, Smith JG, Stephens SW. Radiosurgery versus surgery, both adjuvant whole brain radio-therapy, for solitary brain metastases:a randomized controlled trial. Clin Oncol 2011;23(9):646—51.(レベルⅠb)
16) Rades D, Kueter JD, Veninga T, et al. Whole brain radiotherapy plus stereotactic radiosurgery(WBRT+SRS)versus surgery plus whole brain radiotherapy(OP+WBRT)for 1—3 brain metasta-ses:results of a matched pair analysis. Eur J Cancer. 2009;45(3):400—4.(レベルⅢ)
17) Horton J, Baxter DH, Olson KB. The management of metastases to the brain by irradiation and cor- ticosteroids. Am J Roentgenol Radium Ther Nucl Med 1971;111(2):334—6.(レベルⅠb)
18) Graham PH, Bucci J, Browne L. Randomized comparison of whole brain radiotherapy, 20 Gy in four daily fractions versus 40 Gy in 20 twice—daily fractions, for brain metastases. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2010;77(3):648—54.(レベルⅠb)
19) Kurtz JM, Gelber R, Brady LW, et al. The palliation of brain metastases in a favorable patient popula-tion:a randomized clinical trial by the Radiation Therapy Oncology Group. Int J Radiat Oncol Biol Phys 1981;7(7):891—5.(レベルⅠb)
20 Priestman TJ, Dunn J, Brada M, et al. Final results of the Royal College of Radiologists’ trial compar-ing two different radiotherapy schedules in the treatment of cerebral metastases. Clin Oncol(R Coll Radiol). 1996;8(5):308—15.(レベルⅠb)
21) Murray KJ, Scott C, Greenberg HM, et al. A randomized phaseⅢ study of accelerated hyperfraction-ation versus standard in patients with unresected brain metastases:a report of the Radiation Therapy Oncology Group(RTOG)9104. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 1997;39(3):571—4.(レベルⅠb)
22) Regine WF, Scott C, Murray K, et al. Neurocognitive outcome in brain metastases patients treated with accelerated—fractionation vs. accelerated—hyperfractionated radiotherapy:an analysis from Radiation Therapy Oncology Group Study 91—04. Int J Radiat Oncol Biol Phys 2001;51(3):711—7.(レベルⅠb)
23) Paek SH, Audu PB, Sperling MR, et al. Reevaluation of surgery for the treatment of rain metastases:review of 208 patients with single or multiple brain metastases treated at one institution with mod-ern neurosurgical techniques. Neurosurgery 2005;56(5):1021—34, discussion 1021—34.(レベルⅢ)
24) Iwadate Y, Namba H, Yamaura A. Significance of surgical resection for the teatment of multiple brain metastases. Anticancer Res 2000;20(1B):573—7.(レベルⅢ)
25) Chang WS, Kim HY, Chang JW, et al. Analysis of radiosurgical results in patients with brain metas-tases according to the number of brain lesions:is stereotactic radiosurgery effective for multiple brain metastases? J Neurosurg 2010;113 Suppl:73—78.(レベルⅢ)

ページトップへ戻る