ページトップへ戻る

CQ2-b PCNSLに対する診断確定後のステロイド療法の位置づけは?
 推  奨 1 
PCNSLに対するステロイド療法は,一過性の腫瘍縮小効果が認められることが多く,また,症状緩和目的に使用されることも多い。(推奨グレードC1)
 推  奨 2 
ステロイドは治癒的効果に乏しいため,治癒目的の単独使用は推奨されない。(推奨グレードC2)
 解  説 
 糖質コルチコイドの主たる作用機序は,核内受容体を介した腫瘍細胞への直接的細胞融解効果であり,血液脳関門の再構築効果も併せて,半数近くの症例で投与後急速な腫瘍縮小がみられる[完全奏効(complete response:CR)15%,部分奏効(partial response:PR)25%]1)(レベルⅢ)。しかし,この治療効果は一過性であり2)(レベルⅣ),一般に数週から数カ月で腫瘍は再燃し,根治性に乏しい。
 術前のステロイド投与は,標的病巣の急速な縮小により生検による腫瘍細胞検出が困難となることがあり,術前にはできるだけステロイド投与を控えることが肝要である3)(レベルⅤ)。ただし,強い脳浮腫や腫瘍のmass effectを伴うような場合など,臨床上必要と考えられる場合は,治療開始前の病状安定化目的のためステロイド使用もやむを得ない。
 なお,初発PCNSLで,ステロイドに対する治療反応を示した症例と反応がみられなかった症例との比較では,前者で生存期間中央値が17.9カ月であったのに対し,後者では5.5カ月に過ぎなかったとの報告もあり,初発時のステロイド反応性は予後良好因子である可能性が指摘されている4)(レベルⅤ)。
◆文  献  中枢神経系原発悪性リンパ腫CQ2-ab構造化抄録一覧をダウンロード(エクセル形式)
1) DeAngelis LM, Yahalom J, Heinemann MH, et al. Primary CNS lymphoma:combined treatment with chemotherapy and radiotherapy. Neurology. 1990;40(1):80—6.(レベルⅢ)
2) Pirotte B, Levivier M, Goldman S, et al. Glucocorticoid—induced long—term remission in primary cere-bral lymphoma:case report and review of the literature. J Neurooncol. 1997;32(1):63—9.(レベルⅣ))
3) Weller M. Glucocorticoid treatment of primary CNS lymphoma. J Neurooncol. 1999;43(3):237—9.(レベルⅤ)
4) Mathew BS, Carson KA, Grossman SA. Initial response to glucocorticoids. Cancer. 2006;106(2):383—7(レベルⅤ)