CQ11 PCNSLに対して血液脳関門破綻療法を併用した化学療法は推奨されるか?
 推  奨 1 
PCNSLに対する血液脳関門破綻療法(BBBD)併用化学療法は,血管内治療などの特殊な治療技術を要し,現状では試験的治療の段階にある。(推奨グレードC2)
 解  説 
 血液脳関門を開放し,薬剤の脳実質内到達度を亢進する目的で血液脳関門破綻療法(blood—brain barrier disruption:BBBD)を併用した化学療法が試みられてきている1,2)(レベルⅡb,Ⅳ)。近年の主たる薬剤はD—マンニトールを用いた治療法であるが,MTXを動注する治療経験が最近報告された。149症例での成績は,CRが57.8%,生存期間中央値が3.1年であった3)(レベルⅢ)。BBBDは治療方法が複雑であり,特殊な専門治療チームの存在が欠かせないことから,一般化は難しいと考えられる。
◆文  献  中枢神経系原発悪性リンパ腫CQ11構造化抄録一覧をダウンロード(エクセル形式)
1) Neuwelt EA, Goldman DL, Dahlborg SA, et al. Primary CNS lymphoma treated with osmotic blood—brain barrier disruption:prolonged survival and preservation of cognitive function. J Clin Oncol. 1991;9(9):1580—90.(レベルⅡb)
2) Neuwelt EA, Diehl JT, Vu LH, et al. Monitoring of methotrexate delivery in patients with malignant brain tumors after osmotic blood—brain barrier disruption. Ann Intern Med. 1981;94(4 pt 1):449—54.(レベルⅣ)
3) Angelov L, Doolittle ND, Kraemer DF, et al. Blood—brain barrier disruption and intra—arterial metho-trexate—based therapy for newly diagnosed primary CNS lymphoma:a multi—institutional experi-ence. J Clin Oncol. 2009;27(21):3503—9.(レベルⅢ)

ページトップへ戻る