CQ12 再発PCNSLに対してどのような治療が推奨されるか?
 推  奨 1 
再発PCNSLに対する標準治療は確立していないが,初期治療でHD‒MTX療法反応症例では,HD‒MTX療法の再投与を試みてもよい。(推奨グレードC1)
 解  説 
 PCNSLの多くは初期治療後のCRにもかかわらず再発を余儀なくされる。また10%に近い症例では,全身性の再発をきたす。再発時のPCNSLに対する有効な標準治療は未だ確立していない。
 初発時にHD—MTX療法が奏効し,CRとなった症例では,再発時にHD—MTX療法の再投与が有効であることが多い。Plotkinらは後方視的解析で,初回の再治療での奏効割合は91%(22例中20例が奏効),2回目の再治療では100%(4例中4例)であり,生存期間中央値(MST)も初回再発後61.9カ月と良好であったことを報告した。有害事象は主として血液毒性であり,全延べ566回の治療サイクルで,計10回のグレード3以上の有害事象が認められたに留まった1)(レベルⅢ)。全脳照射単独は再発あるいは治療抵抗性PCNSLに対し画像上の奏効割合が74~79%と報告されており,照射後のMSTは10.9~16カ月である2—4)(レベルⅣ)。
 最近の再発時治療として注目される治療法には,以下の方法がある。
1)テモゾロミド(temozolomide:TMZ)(現在悪性リンパ腫には保険適応外)単独療法は25%の奏効割合を示した5)(レベルⅡb)。リツキシマブ+TMZの第Ⅱ相試験も報告されており,奏効割合53%,MST 14カ月であった6)(レベルⅢ)。TMZはPCNSLには適応はないものの,期待される治療薬の一つである7)(レベルⅢ)。
2)リツキシマブの点滴静注あるいは髄注を,単独あるいは他剤との併用で行うプロトコールも最近検討されている。点滴静注では再発予防効果は明確ではなく,治療効果の確立には至っていない8—10)(それぞれレベルⅣ,Ⅱb,Ⅳ)。リツキシマブ髄注の第Ⅰ相試験では,10例の再発PCNSLに対しOmmaya reservoir経由脳室内髄注のdose escalationが施行され,6例で細胞診上改善が,4例で消失が認められた。うち1例では脳実質内再発病巣の消失もみられた9)(レベルⅡb)。
◆文  献  中枢神経系原発悪性リンパ腫CQ12構造化抄録一覧をダウンロード(エクセル形式)
1) Plotkin SR, Betensky RA, Hochberg FH, et al. Treatment of relapsed central nervous system lym-phoma with high—dose methotrexate. Clin Cancer Res. 2004;10(17):5643—6.(レベルⅢ)
2) Gerstner ER, Batchelor TT. Primary central nervous system lymphoma. Arch Neurol. 2010;67(3):291—7.(レベルⅣ)
3) Hottinger AF, DeAngelis LM, Yahalom J, et al. Salvage whole brain radiotherapy for recurrent or refractory primary CNS lymphoma. Neurology. 2007;69(11):1178—82.(レベルⅣ)
4) Khimani NB, Ng AK, Chen YH, et al. Salvage radiotherapy in patients with recurrent or refractory primary or secondary central nervous system lymphoma after methotrexate—based chemotherapy. Ann Oncol. 2011;22(4):979—84.(レベルⅣ)
5) Reni M, Mason W, Zaja F, et al. Salvage chemotherapy with temozolomide in primary CNS lympho-mas:preliminary results of a phaseⅡ trial. Eur J Cancer. 2004;40(11):1682—8.(レベルⅡb)
6) Enting RH, Demopoulos A, DeAngelis LM, et al. Salvage therapy for primary CNS lymphoma with a combination of rituximab and temozolomide. Neurology. 2004;63(5):901—3.(レベルⅢ)
7) Omuro AM. Is single—agent temozolomide the treatment of choice for recurrent primary central nervous system lymphoma? Nat Clin Pract Oncol. 2007;4(9):514—5.(レベルⅢ)
8) Akyuz C, Aydin GB, Cila A, et al. Successful use of intraventricular and intravenous rituximab therapy for refractory primary CNS lymphoma in a child. Leuk Lymphoma. 2007;48(6):1253—5.(レベルⅣ)
9) Rubenstein JL, Fridlyand J, Abrey L, et al. PhaseⅠ study of intraventricular administration of ritux-imab in patients with recurrent CNS and intraocular lymphoma. J Clin Oncol. 2007;25(11):1350—6.(レベルⅡb)
10) Santisteban M, Nieto Y, De la Cruz S, et al. Primary central nervous system lymphoma treated with rituximab plus temozolomide in a second line schedule. Clin Transl Oncol. 2007;9(7):465—7.(レベルⅣ
11) Soussain C, Hoang—Xuan K, Taillandier L, et al. Intensive chemotherapy followed by hematopoietic stem—cell rescue for refractory and recurrent primary CNS and intraocular lymphoma:Societe Francaise de Greffe de Moelle Osseuse—Therapie Cellulaire. J Clin Oncol. 2008;26(15):2512—8.(レベルⅡb)
12) 12) Voloschin AD, Betensky R, Wen PY, et al. Topotecan as salvage therapy for relapsed or refractory primary central nervous system lymphoma. J Neurooncol. 2008;86(2):211—5.(レベルⅢ)

ページトップへ戻る